本文へスキップ

独立・開業するなら 「 たこ焼き屋 」が一番!  たこ焼き屋普及推進委員会

メールでのお問い合せは takoyaki@t-pord.co.jp

無料相談はこちら

最新版&開業5周年 たこ焼き屋さんの開店実例 @   example1

当委員会のレポートを参考に お店を開業された 最新実例&5周年 雅庵さんです!


【開業事例1】は、
当サイトの緊急レポートを請求して&記載内容を参考にされて、2018年5月に奈良県生駒市で 「 たこ焼き屋 ホイっと。」 を開業された三上さんを紹介します。
三上さんは、なるべく資金を掛けずに開業する方法を知りたいと、レポートを申し込んだそうです。電話でも話す機会があったので、いろんな質問にお答えしたり、アドバイスをさせて頂きました。


【開業事例2】では、
京都府八幡市で 「 たこ焼き 雅庵/みやびあん 」 を開業された 杉本さんをご紹介。 昨年末には、無事 「 開業5周年!」を迎えられて、ご丁寧に その旨の報告(写真&メール)を頂いたのですが・・。

写真を拝見すると、5年も経過したとは思えない キレイなお店(清潔・整理整頓された状態)で驚きました。 ご本人様の お店に対する愛着を凄く感じます。 開業希望者にとって、励みになる&参考になる事例の1つだと思いますので 読んでみて下さい。


最後に紹介する【開業事例3】では、
私たちが 直接お店に出向いて開業支援をさせて頂いた時の様子を詳しく掲載しています。 お店を開業する際の大変さや準備の大切さなどを 実感して頂ける内容となっています。 少し文章が長いのですが・・・最後まで読む価値はあると思います。



【 開業事例 1 】


まずご紹介するのは、2018年5月1日に
奈良県生駒市真弓南1丁目で 「 たこ焼き屋 ホイっと。 」 を開業されたばかりの三上さんです。

たこ焼き屋 ホイっと。


緊急レポート 『 低資金で開業する方法!』 (レポートページにリンク) にお申し込みを頂いたのが、2017年9月中旬。 そのコメント欄に記載してあった内容は 下記(↓↓)でした。

生駒市にあるパートナーの自宅ガレージを利用して、たこ焼き屋を開業したいと思っています。(住宅地ですが、割と人通りは多いです。)

こちらの開業事例で紹介された「自宅ガレージを利用してたこ焼き屋を開業された方」を見て、参考にしたいと思いました。

営業許可・申請や設備・道具など 解らないことが多くあって・・・。
レポートでいろいろ勉強したいと思います。
よろしくお願いします。



三上さんは 「自力で開業する事」 を真剣に考えられており、開業方法・営業許可取得・設備&什器の購入方法等々、開業に関してさまざまな質問をされました。

当方も、より詳しく説明する&理解して頂く為に、メールでの返答以外に お電話での対応もさせて頂きました。 (熱く説明しすぎて、40分くらい話した事を覚えています・・・笑)

※ 当方は、レポートをお送りした方々からのご質問&相談については、無料で対応しています。
(但し メール&電話のみで、出向&直接の場合は有料となります。)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

そして、2018年ゴールデンウィーク後半の初日。
三上さんから、たこ焼き屋さんの開業報告とお礼が記載されたメールが届きました。
(なんと、メール送信時間は5月3日午前5時。こんなに朝早くから お店の準備&仕込みでもされていたのでしょうか・・・。)

長川 様

お世話になります。
以前、資料を送って頂いた 三上と申します。
おかげさまで、5月1日に たこ焼き屋をオープンすることができました。

当初は、自宅のガレージを利用して始めるつもりでしたが、色々考えて、それは辞めて店舗を借りてオープンしました。 低予算での開業の為、看板やメニューは手作りですが 夫婦で頑張っていくつもりです。

一応、写真添付しておきます。
色々アドバイスありがとうございました。



レポートをお送りしてから 半年ほどの準備期間があって、
大勢の人で賑うゴールデンウィークのど真ん中を狙っての!? お店開業となりました。

準備する期間があった分、より創意工夫をされて&資金を抑えての開業になった事と思います!(たくさんのお客様に利用して頂いて、地域で一番のお店になって頂きたいです!)


【 返信 】

たこ焼き屋普及推進委員会の長川です。
ご連絡を頂きましてありがとうございます。

開業おめでとうございます!
自力でいろんな準備をされての通常店舗開業は、本当に素晴らしい行動力&情熱だと思います。

写真も拝見しました。(店舗&焼き台・商品を確認しました!)
せっかくお店の外観&商品写真を送って頂いたので、当サイトの開業事例として紹介したいと思っています。

当サイトには、たこ焼き好きの方、興味がある方等々から多数のアクセスがあり、お店の宣伝等(認知度アップ)に役立つと思います。
お店の住所(連絡先)・商品メニュー&価格・特徴など、「 たこ焼き屋 ホイっと。」 さんの説明文も掲載しますので 詳細を教えて下さい。

あと、開業に関しての経緯・感想・コメント等々を教えて頂ければ開業希望者にはとても参考になるので・・・簡単で良いのでお願いします。

気温の変化が大きな時期です。
身体には十分注意をしてお店を頑張って下さい。
(何かあれば、いつでも連絡して下さい!)


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



三上さんから お店の詳細と開業しての感想を頂きましたので、このページを読んで頂いた方へ公開します。 (実際に自力での開業を経験された方の感想は、とても参考になります!)


今回の開業に至るまでの流れを説明すると、
嫁が以前より たこ焼き屋さんをしたいと希望していて、「自分たちで出来ないものか」と 色々調べていく中で 「たこ焼き屋普及推進委員会」様のサイトを見つけ&拝見して、資料を請求させて頂きました。

送って頂いた資料や、サイトに掲載されている 他の方の開業事例を見ていく中で、自分たちでも「自力で開業する事が出来るのではないか・・」という気持ちが強くなり、実行に移りました。

最初は 実家のガレージを改装して開業する予定でしたが、事前の準備(調査)をすすめる中で 「近隣の交通事情」や「たこ焼きの匂い」などで、ご近所との間でトラブルになる可能性があることを知って・・・考慮して断念をしました。

なんだか予定と違ってきたので戸惑いましたが、別の方法で何とか出来ないかと考えを変えて再度行動へと・・。 「近所に良い空きテナントがないか」と いろいろ探し歩きたところ、ちょうどたこ焼き屋に良い感じの店舗を発見し、そちらで開業すること決めました。
内装や看板・メニュー等を可能な限り自分たちで製作することで、予定外のコスト分を削減して、何とか開業することが出来ました。

お店の名前(屋号)は、
「出来るだけ お客さんに待って頂くことなく、お気軽に買って頂きたい!」という、意味で 「 たこ焼き屋 ホイっと。 」 にしました。
(要望に応えて、ご近所限定ですがデリバリーも対応しています。)

ほとんどの事が初めて経験することばかりで、開業まで試行錯誤の連続でしたが、無事オープンを迎えることが出来て良かったです。
これから、末永く地域に愛されるよう頑張りたいと思います。


 たこ焼き ホイっと。商品


三上さんのお店 「 たこ焼き屋 ホイっと。 」 の店舗情報を掲載しておきます。

お近く&興味のある方は(もちろんたこ焼き好きの人も!) 是非とも 視察&試食をしてみて下さい。 「 このページを見てきた! 」と伝えたら、ご本人様からいろんな裏話やコツ等を聞くことが出来るかも知れません!

 〒    630-0123
住所    奈良県生駒市真弓南1丁目10-4-2
TEL     090-5971-9927
メニュー  たこ焼き  9個  360円
      たこ焼き 12個  480円
      たこ焼き 15個  600円
      トッピング ネギ   30円
      トッピング チーズ  30円
      串たこ  3個/串 120円
      かき氷(夏季限定)
※ たこ焼きの味は、今のところソース・マヨネーズのみ。

  たこ焼き ホイっと。



【 開業事例 2 】


2012年11月下旬に 京都府八幡市内の石清水八幡宮近くにあるショッピングモール 「 ファミレYAWATA 」 内で 「 たこ焼き 雅庵/みやびあん 」 を開業された杉本さんのご紹介です。

 ※ お店正面からの写真がこちらです ↓↓
  たこ焼き 雅庵


昨年末に 開業5周年の報告で頂いたメールには、近況報告&感謝の言葉がありました。
(記載内容は、公開許可を頂いてますので下記で確認して下さい。)


お店を5年間続ける事の難しさ&大変さは、実際に経験した者しか解らないことで・・・。
お店の業績だけでなく、ご自身の体調や家族など周辺の環境が悪化すると続けることが出来ない事を考えると、「ご本人&ご家族は 本当によく頑張ってこられたな・・」と思います。
(根っからの”たこ焼き好き”を 見事に実証されました。 笑)

ご無沙汰してます。
たこ焼き 雅庵 の杉本です。

おかげさまで5周年を迎えることが出来ました。
まだまだ売上げは横這いですが、お客さまには可愛がって頂いています。

昨年、「 のりたこ 」の発売を始めました。
焼き海苔にお醤油を塗って、すっぴんのたこ焼きを巻いたものです。
少しづつではありますが、リピーターさんも増えています。(京都府八幡市発で 名物の1つになれば・・・と頑張っています)

これまでの経験を活かして、更なる新たな商品も考えていかなければと思います。
では、今後とも宜しくお願いいたします。


メールと一緒に届いた写真は、こちらです ↓↓
(たこ焼きを焼く姿も良いのですが、周り&背景から見えるお店のキレイな状態に驚きました。)
たこ焼き 雅庵 2017 たこ焼き 雅庵 2017


杉本さんが 「 たこ焼き 雅庵/みやびあん 」 の フェイスブック/facebook をやっているというので 拝見すると、 ご自慢の たこ焼き&のりたこ の画像が掲載されていました。
(雅庵の facebook はこちらから → https://ja-jp.facebook.com/takoyakimiyabian/

せっかくなので、このページでも紹介します 。↓↓
たこ焼き 雅庵 2017


たこ焼き 雅庵 2017

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


それでは、5周年を迎えた「 たこ焼き 雅庵/みやびあん 」 の開業事例を掲載しておきます。
杉本さんの開業準備の様子などを知ることが出来るので 是非読んでみて下さい。

   ※ これが5年前の開業当初の写真です ↓↓
       たこ焼き 雅庵

2012年9月に 杉本さんから 緊急レポート 「 低資金で開業する方法!」 (レポートページにリンク) を申し込まれた時のコメント欄には、「 手持ち資金が少ないので、自動車での移動販売に関心があります。よろしくお願いします。」 と、あったのですが・・・。


レポートをお送りしてから2ヶ月後に頂いた近況報告(下記参照)は、私の想定外の展開が記載されていました。(情熱&行動する事で、いろんな可能性が生まれる! ということを改めて思い知らされました。杉本さんの行動力は素晴らしいですね・・。)

近況報告を させて頂きます。

レポートが届いてから2ヶ月ですが、ただ今 店舗工事の真最中です。 実は、レポートを頂いたときは 自動車で 「 たこ焼き屋 」 を始めるべく、営業場所として借りられる 「 駐車場探し 」 をしていたのですが・・・・。

近所のショッピングモールに駐車場での 「たこ焼き屋」 営業を相談に行ったところ、社長さんから 「ちょうど、たこ焼き屋さんを誘致しようと考えていたんです!」と言われて。

それから とんとん拍子に話が進んで、なんと〜 今月20日過ぎに 「 たこ焼き屋 」 をオープンする ことになりました!

全く、それもこれも 適切かつ丁寧なレポートを頂いたおかげです。
開業すれば、いろんな困難が待ち構えていると思います。そのときは 良きアドバイスをよろしくお願いします。

【 返信 】

こんばんは。 たこ焼き屋普及推進委員会の長川です。
ご連絡を頂きましてありがとうございます。

今月20日にオープンするのですか!?
9月上旬にレポートをお送りしてから まだ2ヶ月しか経っていませんが・・・・素晴らしい行動力です。 (感服しました!!)

開業してからが本番ですので、頑張って下さい。(私も全面的に協力しますので、何かあれば連絡下さいね)

開店準備等で忙しいと思いますが 体調には十分注意をして下さい。
では、失礼します。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


そして、お正月に 杉本さんから届いたメールには、たこ焼き屋開業の報告と一緒に お店&ご自身の写真が添付してありました。(想像以上の立派なお店で・・嬉しい&驚きました)

明けましておめでとうございます。 京都府八幡市の杉本です。
昨年の11月20日、無事 たこ焼き屋をオープンしました。

屋号は 「 雅庵 みやびあん 」 といいます。
場所は、京都府八幡市の石清水八幡宮近くで、「スーパーコノミヤ」さんなどが入っている ショッピングモール 「 ファミレYAWATA 」 の1Fです。


早いもので、開業して40日が過ぎました・・。多くのリピーターさんに支えられながら、慣れない商売に無休で悪戦苦闘しています。

「 たこ焼き好き 」 で お店を始めた私が驚くほど、もう何人もの方が 連日のように買いに来てくださいます。(15回以上買ってくださった方が、なんと・・・10人以上もいらっしゃいます)

実際にお店をやってみて一番嬉しいのは、小学生の子供たちが満面の笑みで 「 美味しかっ た! 」 と言ってくれること。 そして、本当にありがたいことに お客さんたちが 「 ありがとう 」 と言って買って下さることです。

明日からまた、しばらくは無休で営業します。少しでもお客さんに満足してもらえるようにがんばります。

有難うございました。(まだ教えて頂く事があると思います。その時は宜しくお願いします)

【 返信 】

あけましておめでとうございます。 たこ焼き屋普及推進委員会の長川です。
本年も宜しくお願い致します。

無事、「 たこ焼き 雅庵/みやびあん 」 を開業したのですね。
これは〜、年頭より 嬉しい「 ご連絡 」を頂きました。

写真で見ると、かなりちゃんとした 「 お店 」 ではないですか・・!!(和風の造りで、専門店の感じが出て良いですね!)

初めの連絡時に、「 お金を掛けずに自動車で営業する 」 とありましたので、 ショッピングモール内での簡易店舗風を想像してました。 (予定より、初期投資が掛かったのでは・・・) まぁ、初期投資は 実績を出して回収出来れば 何も問題ありませんので 頑張りましょう。

たこ焼きも好評なようで・・・良かったです。
これからは、初心を忘れずに お店をどんどん成長させて 多くの人から支持される&地域ナンバー1のお店を目指して下さいね。

無休で頑張るのは良いですが、 体調だけは 十分注意して下さい。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

  たこ焼き 雅庵

杉本さんのお店 「 雅庵 みやびあん 」 の情報を掲載しておきます。

     〒     614-8025
    住所    京都府八幡市八幡源氏垣外1−4 ファミレYAWATA 1F



【 開業事例 3 】


次に紹介するのは、当サイトの 緊急レポートを請求されて お店の開業準備を始めて、2016年3月に東京都の郊外で たこ焼き屋さんを開業された 女性の実例です。 (但し、顔写真・氏名 等の個人情報は 公開NGなので・・・ご了承下さい)


ご本人は、若いときから「 いつかは自分のお店を持ちたい! 」という強い思いがあって、独立・開業に向けての勉強&研究をしていたそうです。 レポート請求時(2015年夏)は 独立支援制度がある 某チェーン店に入って(就業して)、お店を持つことを目指して頑張っていました。

そんな情熱&行動力があってなのか、店舗物件探し&契約、内装&外装工事依頼、厨房器具&什器調達、営業許可取得、商品開発、技術習得、各食材調達、折込チラシ作成 など 開業準備のほとんどをご自身でやられて・・・「 自力でのお店開業 」を実現したのです。
東京都 たこやき
  (上記写真は、たこ焼きを懸命に焼く姿と、行列が出来たお店の盛況ぶりです!)

お店は、ホームセンターやディスカウントストアーなどの中規模商業施設が多い バス通り/都道 沿いにあって、お店の広さ(面積)は10坪弱。 女性が経営するお店らしく「 明るい&清潔感のある店内 」 になっています。 (下記写真で、お店の外観・内装・設備・商品を確認して下さい!)

東京都 たこやき 外観・メニューなど

これらの写真(↑↑↑)からは、何の問題もなく 順調に開業出来たように感じますけど・・。

実は、これは リベンジオープン(再オープン)の様子で、ここに至るまでは テレビの「 開業ドキュメント番組 」を観る様なストーリーがありました。 (写真をよ〜く見ると、お店のドアに貼ってある オープン告知の紙にリベンジの文字があって・・・笑)

最後まで読んで頂くと、彼女が体験した「 予想以上だった開店の現実 」と、そこからのリベンジオープンへのプロセス、ご本人の頑張り等々を読み取って頂けると思います。(当委員会の 対応や支援を記載しています。 アドバイスの内容も一部ですが公開しますので 参考にして下さい。)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


○○さんが 緊急レポート「 低資金で開業する方法!」 (レポートページにリンク) を 申し込まれたのは、 2015年6月上旬。 コメント欄に記載された内容は、下記の通りでした。


はじめまして。
私は、どうしても自分のお店を持ちたいと思っていまして、出来たら「 一人でも対応出来るもの 」を考えています。

現在は、あるFCチェーンで開業することを目指して働いています。ただ、会社の方針が 私の考えとは 違っているので・・・どうしたら良いか悩んでおります。

又、実家の事や娘の事など、周りの環境を考えると、この地でお店を出すのは難しいかもしれません。 そこで、自動車での移動販売や露店商なども思い浮かべてみましたが、まったく知らない世界なので不安や戸惑いがあります。

そちらのレポートを読んで いろんな勉強をさせて頂きたいので、どうぞよろしくお願いします。


すぐにレポートをお送りしたのですが、「 自力で開業する知識(店舗を低資金で開業する方法)」 を得る為に 申し込まれたもので、たこ焼きでのサポートは必要ないだろうと考えていました。


 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・


それから 9ヶ月が過ぎた 2016年2月末。
「 忙しいところをスミマセン・・・教えて下さい!」 と、突然の電話が。
(レポートの送付後は メールで質問を何度か頂いており、その都度 返答を差上げていたのですが、さすがに慌しい月末 それも月曜日の朝10時では「えっ何事!?」 となりました。)

それで、「どうしたのですか?」 と用件&内容を聞いたところ 、なんだか重苦しいトーンで 「 たこ焼きが上手く焼けないのですが、どうすれば良いかわかりません。」との事。

当委員会には、「 練習&試作で 実際にたこ焼きを焼いてみたけど、どうしても 思ったように上手く出来ない・・・」 と言う 相談&問い合わせが よくあるので、

・どんな業務用たこ焼き器(コンロ)で焼いていますか?  ・銅版ですか? 鉄板ですか?
・都市ガスorプロパンガスですか?  ・ベース(たこ焼きの生地)の材料&配合比は?  等々
いつも通りの「 上手く焼けない状況を把握する為の詳しい情報 」を聞いて 簡単なアドバイスを差上げたのですが、返答は どれも それなりにきちんとされるので・・・??。

あれ? と思って、
「たこ焼きについて、これほど勉強&準備されているのは 正直驚きました! そういえば チェーン店はどうしたのですか?」 と聞いて、その返事にビックリというか 驚愕!!。

なんでも そのチェーンは 早々に見切りをつけたそうで、昨年末に 店舗を探し、契約を済ませたそうです。そして、店内改装や開業準備を終えて一昨日の2月27日(土曜日)にオープン。
(オープン告知チラシを 新聞折り込みに入れて、準備万端のつもりでしたが・・・↓ )

東京都 たこやき オープンチラシ


「それは良かったですね! おめでとうございます! 」
「自力で開業したのですか?」 「結果はどうでした?」

と、お店をオープンした話に驚きながらも 矢継ぎ早にいろんな質問をしたのですが・・・その答えを聞いて 再度驚愕!!

オープン日(土曜日)は、開店直後からお客さんが来て 焼きっぱなしだったそうです。 一人では対応出来ずに、娘さんやお祝いに駆け付けたお兄さん夫婦にも手伝ってもらって、何とか営業を続けたのですが、お店はパニック状態。 その状態が解消されないまま 午後3時ごろ限界を感じ、途中で閉店・・・。

お店を開業する前に「焼く練習」はしたのでしょうが、初めてお客さんの前で焼くという状況で、150パック以上(1200個以上)のたこ焼きを 1人で焼いた(提供した)というのだから、根性はあります。

ただ、焼く技術が未熟で間に合わないために 焦げて販売出来ないたこ焼が多く発生した事や、お客さんから1時間以上も待ったと言われた事など、 認識の甘さや準備不足が招いた現実は厳しく・・。


その夜、「このままの状態で お店をやること」について家族で話し合った結果、「 ちゃんと対応出来るようになってから再開する 」 ことを決めたそうです。 そして、お店のシャッター前に 「 一時休店のお知らせ 」 を貼って、翌日(日曜日)からお休み。

ご本人は、心が折れて 何もする気になれずに 一日中 落ち込んでいたと言います。
(そんな予想もしなかった事態の発生が、月末&月曜日 朝一番の電話へとなったようです)


お話を聞いて、やっと彼女の状況を理解する事が出来ました。
お店が ここから(事務所から)そんなに遠くない場所にあるので、「 とにかくお店&作業を確認しましょう。対策は、それから決めます。」 と、まずは「お伺いをする約束」をしました。


 ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・


さすがに 電話を頂いた当日は無理でしたが、
翌日(火曜日)のお昼過ぎに 移動の間を利用して お店の住所に行ってみると、言われた通り「休店のお知らせ」の貼紙が。 シャッターが少し開いた状態で、何かしている気配があったので・・・覗き込み声を掛けると、ご本人が出てきて、初対面&ご挨拶へ。 (再開に向けて 準備&練習中でした!)

店内に入ると、たこ焼き器(コンロ)や銅版があって、間違いなく「たこ焼き屋」です。(笑)
ただ、私から見ると 「??」という部分がいくつもあって・・・。


まずは、「 何故に このようにしたのか 」という説明を受けながら、お店の確認(設備・什器・レイアウトなど)をしました。更に、技術面の確認をする為に 「 これまでの焼き方 」で 実際にたこ焼きを焼いて頂きました。 「 観察されるのは、とても緊張します」と言いながら、ご自身で練習した焼き方を見たのですが・・・、こちらの方は 思っていた以上に「焼く」 技術があって 少し驚きました。(初日に150パックを焼いたのは、ダテではありません)

改めて開業の経緯を詳しく聞くと、
「関西でたこ焼き屋を経験した知り合いの方」 や 「大手たこ焼きチェーン店のアルバイト経験がある娘さん」 のアドバイスを受けて、 店舗改修・設備&什器購入・営業許可取得・食材調達・商品開発をしたそうです。 その後、お店の開店に向けての準備&練習に2週間を費やして、「 よし、これで大丈夫だろう 」と思い 開業へ。

「 でも 実際やってみると、予想した以上に出来なくて・・・。」
「 しかも、何をどうすれば 良くなるのか・・・何もわからなくて」
「 ひと月かかっても良いので、ご指導の程 宜しくお願いします。」
と、薄らと悔し涙を浮かべながら話をされました。


ひと通りの確認を終えた後、これまでに 把握した範囲で見つけた 問題点及びその改善策を お話したところで、タイムアウト。(1時間半も経過しており、そろそろ次の用件に行かないと・・・)
今回の改善策については、現状の内装・外装・購入済の設備などを使用する(なるべくお金を掛けない)ことを前提に考えた応急処置的な方法ですが、これまでに比べると雲泥の差が出るはず。

次回は2日後と決めて、 「商品(たこ焼き)の確認&改善」 「焼きの技術指導」 などをすることに。それまでに 本日指摘したいくつかの問題点を改善しておくようにお願いしました。

その問題点の中から、2つだけですが具体的なアドバイスを公開します。↓

@ 業務用たこ焼き器&銅版を購入していたのですが、その設置方法や使い方に問題があったので、能力を十分引き出す為の知識や方法、設置台の改善をしました。
(火力を効率良く&均一に伝えることで、焼きムラを少なく、焼き時間を短縮)

A「焼き」の練習する時には、何を考え&意識することが大切かをお話しました。
現状の技術力を正しく認識して頂いて、どうすれば改善出来るかを指導しました。
(供給能力を上げることは、そのまま実績アップに繋がります。又、効率良く焼くタイミングを知ることで余裕が出来て、お客さんへの対応などを向上させます。)



2日後(木曜日)、お約束通り 「焼き」の技術指導に行きました。
スタッフを連れて店内に入って 先日指摘した問題点を確認すると、それなりに改善されていて・・彼女のやる気を確認出来てちょっと安心。(いろんな工夫のアトがみえたので、必ず良い方向に!)

お店で使用する食材をすべて確認してから、仕込み作業へ。
特に 生地(ベース)を作る過程は 「焼き」にも影響する重要部分なので、その作業の説明を詳しく聞きました。(先日は 練習用の生地・具材だったので、たこ焼きの味は確認してません)

仕込み作業が終わると、これまでと同じ方法で焼いて頂きました。
ここ3日間の練習と、設備を少し改善したことで、前回に比べて 早く&上手に焼けています。 焼き上げた「たこ焼き」に 独自のソースを塗り、削り節、青のり等のトッピングをして、試食。

「経験者からレシピを教わった」と言う味は、思った以上に美味しくて・・。 (さすが たこ焼き屋経験者!) 「 これで 1パック400円なら別に問題ない、大丈夫!」 と判断。
いくつかの足りない部分や 仕込みの作業方法についての改善点を具体的にお話して 商品の確認は終了。 (ご本人が考えた 「たこ焼き」 を 活かすことが出来て良かったです)

東京都 たこやき 修行中

いよいよ次は、ご本人が挫けた 「焼き」の指導です。

先程の「焼き上がり時間」 を測ってみると、20分以上掛かっていました。 そこで、同じ条件(器具・材料)で 私が実際に焼いて見せながら 、「焼き」の各工程について順次説明をしていきます。 (※ ピックだけは 使い慣れた持参のモノを使用しましたが・・・笑)

「なぜ その作業(工程)をするのか」を理解することで、作業を習得する必要性を認識させます。 先日は 口頭での説明でしたが、実際の作業を見せること(実演する)で より理解度を深めます。 そして、説明をしながらでも 「焼き上がり時間」が15分以内になることを実証。 現状の無駄な動きや未熟な部分を指摘&自覚させて、より早く、上手に焼くためにはどうすれば良いかを学んで頂きました。

さらに 「銅版2面分のたこ焼きを15以内に焼き上げる」 という目標を設定。
その後 何度も練習(焼き)をして頂いたのですが、どうしても 「難しい・・・」と、途中で弱気になり、火力を弱め&手を緩めてしまいます。 (初日の経験がトラウマで、弱気になるのかも)

お店では、焼き上がりを待つお客さんの視線&プレッシャーがあり、尚且つ他の作業もするので、状況はもっと厳しくなります。 「焼きの手は緩めてはダメ! 諦めずに手を動かさないと 上達しません!」と、強く言って&その都度問題点を指摘して 何度もチャレンジ。 どうにか焼けるようになるまで頑張って頂きました。 「この調子で練習をして下さい。本日はここまで。」と、2日目が終了。


そして、今後についての打ち合わせ。
ご本人は まだ自信がない様子ですが、たこ焼き屋さんとしての基本作業は 少し時間が掛かるけど ほぼ大丈夫なってきたし、やる気&根性においては申し分ありません。

これらの状況を踏まえて、前回から考えていたプランを伝えました。
「 家賃も発生してますし、仕入れた食材の劣化等を考えると、ちょっと心配ですね。 」
「 先週頂いたお祝いのお花も まだ綺麗に咲いていますし、今週末に再オープンはどうでしょう?」
「 今回は 開業支援として 私たちも一緒にお店に入ります。その対応をよく見ておいて下さい!」
それを聞いて少し戸惑っていましたが、「資金的なことを考えたら 少しでも早く営業再開をしたいです。 一生懸命頑張りますので、宜しくお願いします。」とお答えに。

翌日は、再オープンに向けての 「焼き」練習に加えて、仕込みをして頂くことに。 更に、「休業のお知らせ」の貼紙を 「リベンジオープン」と貼り換えるよう指示して帰りました。


・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・


そして、リベンジオープンの当日(土曜日)。
開店の1時間前に お店に着いて、前日に済ませた仕込みの量&状態と、当日分の仕込みを確認した後に打ち合わせを兼ねた朝礼へ。

「今日の目標は、どんな状態になっても最後まで続けること!」
「自分のお店なんだから 人に頼らず、まずは自分でやってみる!」
「ちゃんとフォロー(応援)するから大丈夫、前回の悔しかった分まで・・頑張れ!」と激励。

店内の人員配置は、今後の事を考えて ご本人・娘さん・当スタッフ1名の3人体制。「この設備で 少人数で運営する場合、どうすれば効率良く&実績を上げられるか」を、実際に体験して頂きます。もちろん 何か問題が発生した時のために、予備の戦力として私も控えます。
東京都 たこやき リベンジオープン当日

この日は 少し寒かったのですが、薄日が差す「晴れ」で、天候は問題なし。
午前10時の開店に合わせて たこ焼きを焼き始めたのですが、すぐお客さんが来て・・・順調な滑り出しです。その後も 客足は止まることなく、掲載写真の通り行列が出来るほどになっていました。

「お店を休店されてたけど 大丈夫でしたか?」
「再開出来て良かったですね」など、優しいお声を掛けて頂く方が何人もいて、その都度 ご本人は嬉しそう&恐縮してました。(返事をする余裕など無いくらい焼きまくっていたのですが・・・笑)

たこ焼きは、本人がほとんど焼いたのですが・・間に合わずに当スタッフの手を借りることも多かったのが事実です。 それでも 何度も練習した 「焼き時間」 を意識した作業によって、お客さんの待ち時間は 30分以内へ大幅に短縮されました。(ほとんどが15分以内にお渡し出来ました)

そして、開店から 約8時間焼き続けて 準備した仕込み分がなくなったところで、予定通りの閉店へ。(最後までやりきって、閉店時間午後6時の少し前に終了!)

「やっと終わった。 疲れた〜」と言いながらも 満面の笑顔に。
気になる結果は、なんと〜前回の倍である 300パック(2400個)以上を提供。

たこ焼き器&銅版の能力を考えると、効率よく、早く焼く事が出来たと思います。 ご本人が焼き場、娘さんがソース場を担当したのですが、この主役2人が本当に良く頑張った結果です。

「前回と比べて、どうでした?」との問いに
「本当に疲れたけど、やりきった充実感があって 何ともいい気分です。」
「前回は、営業中は パニック状態から精神的に参って、終了後は 先が見えない不安感で・・・。」
「長川さんたちがいるので、忙しい時も精神的に追いつめられることがなく、最後まで続けることができました。 こんなに違うものかと、本当に驚いてます。」と、明るい表情で感想を話されます。

この結果を参考にして、翌日分の仕込みをするように指示して再オープン初日は(実戦練習)終了。



2日目(日曜日)も 天候に恵まれて、たこ焼き日和に。
この日は 娘さんが用事があって来られないので、私が店内に入って作業することに。
私からのプレッシャーを恐れてか 「昨日よりも緊張する・・・」という彼女に対して、「緊張する時間がない程、今日もバンバン焼いてもらうから大丈夫!」と厳しく激励して、いざ開店へ。

昨日同様、 多くのお客さんに来て頂きました。
さすがに2日目になると、対応の仕方(早さ)、忙しさ、お客さんへの接客等々に慣れてきて、指示がなくても自分からやるようになってきます。「焼き」 の技術も 回数をこなした分だけ 着実に進歩してます。 ただ、まだ間にあわずに 私が手を出すことも多いですが、そんな事にはめげずに 次へ次へと。この日も約8時間焼き続けて、食材の仕込み分がなくなって、無事終了へ。

結果は、前日とほぼ同じ 300パック以上を提供していました。
今回は 再オープンのため 新聞の折込みチラシ等の販促はしていないので、2日間で600パック以上の販売実績は悪くない数字だと思います。

2日間をやり通した実績(自信)からなのか、終了した時には ご本人の顔つきが少し変わっていました。どうやら、前回の経験(トラウマ)をご自身の頑張りで乗り越えたようです。
ただ、これで終わったのではありません。 これから ずっと続くのです! と、明日からの運営について 打ち合わせ&アドバイスをして、2日間のリベンジオープン(実戦練習)は終了。


・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・


リベンジオープン後は、週末などにお店に伺って、その都度 確認&指導をしていました。
そして3週間後、今回の「 たこ焼き屋さん 技術指導&開業支援 」を終了しました。 「焼き」 の技術も磨きが掛かって、もう一人前のたこ焼き職人です!


最後に 「 開業してみての感想 」を お聞きしましたので掲載しておきます。
「女性だけど大丈夫なのか」「まったくの素人だけど、本当に出来るのか」 など 「開業について いろいろ悩んでいる方」 にとって参考になると思います。

東京都 たこやき インタビュー

・ なぜたこ焼き屋さんを選んだのですか?

自分一人でも出来るお店をやろうと考えてです。
唐揚げ屋やクレープ屋など 他にも候補はあったのですが、知り合いにたこ焼き屋の経験者がおり、いろいろアドバイスをして頂けることが大きかったです。 そのおかげで、食材や器具の選定、商品開発はそれなりには出来たと思います。


・ 開業に掛かった費用を 可能な範囲で教えて下さい。

店内の改装費に130万円、表の看板関連で10万円、礼金・敷金・保証金は無く、準備期間中の家賃が20万円、練習用の食材類など諸費用で10万円、 たこ焼き器・銅版・什器類・作業台などで20万円くらいです。

掛かった費用を合計すると200万円くらいでしょうか。 これが「安く」出来たのかは・・・良くわかりません。今になって思うと、もう少し上手に&安く 出来たことは間違いないですね。


・ 開業準備で、一番難しかった点は何ですか?

開業準備で一番悩んだのが お店のレイアウト(設備配置)です。
必要な設備・什器は 教えて頂いたのでわかるのですが、それをどのように配置すれば、効率よく動けるかは「・・・?」でした。 お店の改装は 工事業者さんと打ち合わせてやりましたが、工期は遅れる、思っていたように出来てない などあって・・・。

段差がある厨房、過剰な換気扇&フード、高い位置のカウンター、肝心なところが暗い照明位置等々、指導の際に問題点を指摘をされても「やっぱりそうですよね〜」としか言いようがなく・・・。
でも 初めに送って頂いたレポートの添付資料には、長川さんのお店のレイアウト図があったのですね。よく見れば良かったです。(笑)


・ 技術指導&開業支援を受けみて どうでしたか?

助かりました!  お願いして本当に良かったです。
知人や身内のアドバイスを聞いたり、自分でネットでいろいろ調べたりして、それなりの知識を得たつもりでしたが、 実際に開業すると まったくダメで。しかも、その改善策も解らないありさま。
でも、ちゃんと理解して実行すれば、短期間で改善出来ることが良くわかりました。

個別に受けた技術指導も解り易くてとても良かったのですが、
リベンジオープンで2日間一緒にお店の作業をやって頂いた事が一番良かったです。
「 実際には どのようにやるのか 」を 真横で見ながら出来たことは、私にとって いろんな作業を理解するのに本当に役立っています。

その後、頂いたアドバイスを実行したり、見た事を真似してみると、「こっちの方がやり易い」と感じることが多くて・・・。 その影響で、初めの頃(自己流)のやり方は ほとんどの部分で改善されて残ってないですね。それは、食材の選定〜ピックの種類に至るまでで、味の部分を除くとまったく違うようになってしまいました ・・・。(笑)


今回の経験は 確かに貴重な体験で勉強にもなりましたが、最初から長川さんにお願いしていたら あんな苦しい思いをせずに済んだし、家族にも心配を掛けずに済んだ上に、 より良い(効率的)改装も出来たので、結果的には 「早かった&安かった」のでは・・・と思っています。




たこ焼き屋普及推進委員会では、開業を目指して頑張る人たちをサポートします


たこ焼き屋普及推進委員会では、上記で紹介した人達の他にも たこ焼屋さんの開業を目指して頑張っている人や、たこ焼屋さんを営んでいる人たちをサポートしています。

実際に 九州・近畿・東海・関東・東北・北海道など 日本各地からレポートの申込みがあります。 中には、アメリカ・オーストラリア・中国・韓国・台湾・シンガポールなど〜 海外での開業を目指す人なども居られて・・、その対応等で忙しい日々を送ってます。


日本&海外の各地に、特徴ある素敵なたこ焼屋さんが増えることを願いながら、独立・開業希望者の夢実現をお手伝いをします!!


この本文を読んで、「 興味がある! 」という人は、次のページも参考にして下さい。

    ◆ 緊急レポート 「 低資金で開業する方法! 」 は、こちらから

    ◆ 女性の開業実例! 「 たこ焼き屋さん開店実例 A 」 は、こちらから
      (開業事例 4 〜 6 の3件分を公開中です。)

    ◆ その他4件の「 たこ焼き屋さん開店実例 B 」 は、こちらから
        ( 開業事例 7 〜 10 の4件分を公開中です。)


サイト写真

informationサイト情報

たこ焼き屋普及推進委員会

〒359-1141
埼玉県所沢市小手指町1-27-9
TEL.048-477-1132
FAX.048-477-1132